THE REACTA FORUM 2019 REGIONAL ASIAN CLINICAL TRIAL ANNUAL FORUM

Poster DownloadEnglish
Poster Download日本語
CCRC
Chiba University Hospital
Clinical Research Center
The REACTA Forum 2019
Registration Secretariat
c/o JTB Communication
Design, Inc.
Celestine Shiba Mitsui Bldg.
3-23-1 Shiba, Minato-ku,
Tokyo 105-8335, Japan
Tel: +81-3-5657-0708
E-mail: reacta2019@jtbcom.co.jp

Welcome Message▼ 日本語

Dear Friends,

It is my pleasure to announce this year’s 2019 Global Forum for the Regional Asia Clinical Trial Network (REACTA 2019). This year the forum will be held in Chiba Japan, Chiba is located between Tokyo and Narita.

This forum has started since 2013 and become 7th forum. From the beginning of the forum, we think the collaboration of academia, industry and regulatory agency is important. The main theme of this year forum is “For the patient, quality of medical care, and the dynamization of clinical trial in Asia.”

Please come and enjoy one day presentation and wonderful dinner party. We are planning to invite clinical research professionals and scientists from academia, industry and regulatory agency.

The Forum will consist of a Keynote address and five discussion sessions with 22 presentations, topics ranging from “Innovative Approaches for Clinical Trials” to “Clinical Trials in Asia” and “Initiative of Academic Research Organization”. We focused on not only clinical trial but also the new challenge of development of medical care.

We hope many of our friends and partners will come visit us in Chiba and make the Forum a success.

Sincerely,

Hideki Hanaoka
Hideki Hanaoka MD., PhD
Chiba University Hospital Clinical Research Center
Coordinator, REACTA Forum 2019

ご挨拶▲ English

 この度、千葉大学医学部附属病院 臨床試験部では、本年11月15日に「アジア連携プロジェクト REACTA forum 2019」を開催する運びとなりました。

 千葉大学は2017年(平成29年)4月、医療法上の臨床研究中核病院に指定され、これまで革新的医療技術創出拠点の一角として、WISDOM projectなど臨床研究の発展に向けた多くの取り組みをして参りました。最近では、2015年にスタートした重症川崎病を対象としたサイクロスポリンの医師主導治験の結果(Lancet 393,1128-1137,2019)をもとに承認申請にまで到達するなど、一つ一つ成果を出しているところです。私たちは、このようなドラッグ・リポジショニングをテーマとしてスタートしましたが、現在は医療機器や再生医療領域の医師主導治験にもチャレンジをしているところです。
 一方で、レギュレーションの変化についてもアカデミアとして対応をしております。臨床研究法や再生医療法の改定に伴う移行措置や新規案件への対応も必要となっております。COIの管理の強化も同時に進み、企業との関係についても再度透明性を持って、連携を進める必要があります。

 今回、私どもは4年ぶりにREACTA forumを開催することとなりました。2013年から開催された本forumも7回目となり、アジアのアカデミアおよび企業の連携として欠かすことのできない活動となっております。毎回、規制当局関係者、アカデミア、企業より演者を招聘し、講演とパネルディスカッションを行なっております。臨床開発の環境が大きく変わる中で、先端的な分野での議論、将来に向けた開発の方向性などについて議論をしていきたいと思います。

千葉大学医学部附属病院 臨床試験部
教授 花岡 英紀

ページトップへ戻る